たくさんの人が遊びに来てくれて子どもたちも大喜びです。 徳島市・M様邸


 平成25年9月にお引渡し。ご夫婦とやんちゃ盛りの男の子2人の4人家族です。
残念ながらご主人様は急なお仕事のためご出演願えませんでしたが、代わりに可愛い息子さん達がおうちの中を案内してくれました。
 2人はリビングでお菓子を食べたりテレビを見ていたかと思うと、一緒に行こうと手を引いて2階へ誘ってくれます。「年の近い子が遊びに来たときは上の子が家の中を案内して、2階の自分の部屋にお招きするのが恒例行事になっているんです」と奥様が教えてくれました。案内する順番、トークまで決まっているそう。「お友達が家に来てくれるのが嬉しくてたまらないみたい」と奥様も楽しそうでした。
 お子様たちは元気でまだまだやんちゃな遊び盛り。大変な時期だとは思いますが、奥様の表情はとてもやわらかく明るかったのがとても印象的でした。
< 戻る ↑ 一覧へ戻る 次へ >
  (1/25)  

リビングは子どもたちが遊びやすいように、ソファを置かずラグを敷いています。以前住んでいたところは収納が少なく片付けることを諦めていたそう。「今は広いリビングにたっぷりの収納ですっきり片付いて嬉しいです。少しくらい子どものおもちゃが散らかっていても気にならないくらい」と奥様も気分的に明るくなったようです。

「以前は雨の日など外で遊べない日が続くと、運動不足で機嫌が悪くなったり寝つきが良くなかったりしていましたが、今は雨の日でもリビングをぐるぐる走り回って遊んでいるので、夜はぐっすり寝てくれます。遊び疲れてリビングで昼寝していることもありますよ」

リビングの丸柱も2人にとっては遊び道具。つかまってぐるぐる回ったり、よじ登ったり。
自分たちで楽しい遊び方を見つけているようです。

電車などのおもちゃはお祖母ちゃんからのプレゼント。
新居に移ってからよく遊びに来てくれるそうです。「子どもと遊んで、疲れたら一緒にお茶をしながらおしゃべりをしています。時には夕方まで。口には出さないけれど、居心地が良いんだろうと思います」
お祖母様にも喜んでいただけているんですね。