暖かく過ごせるので、子どもが家中を走り回ります。 小松島市・F様邸


 平成25年5月お引渡し。ご夫婦と息子さんの3人家族です。
 「『家は3回建てなければ満足できない』とよく耳にしますが、1回で大満足です」と、初めてお会いした頃と変わらない素敵な笑顔で話してくださったF様。それは『住まいづくりプロセス』の賜物だと強調してくださいました。
 当社自慢の『住まいづくりプロセス』は、ご家族の生活の流れやスタイルを把握するためのタイムスケジュールを基に、より詳しく紐解く『暮らしインタビュー』をさせていただいています。この過程を経ることで、お客様でも気付いていない心の奥底にあるニーズを引き出し、新しい住まいでの具体的な生活シーンがイメージできる暮らし提案へつながると考えています。
 ご家族ごとに違う暮らしのリズムにそれぞれベストとなる家事動線や計画収納を考え、幸せをはぐくむ暮らしづくり、私たちがこれまで続けてきたその成果が、F様のお話ひとつひとつに表れていると感じました。ありがとうございます。
< 戻る ↑ 一覧へ戻る 次へ >
  (1/25)  

モデルハウス「光風木」の要素をふんだんに取り入れ、冬は日差しをおうちの中へ取り込んであたたか、夏は風を上手に呼び込み涼しく。自然の力を上手に利用した快適な暮らしをご体感いただいています。
他にも買い物から帰るとすぐに収納できるパントリーやキッチンを中心とした回遊動線などで、心と時間の余裕を手に入れ、ご家族のコミュニケーションが自然と増えます。

和室も2階の二間続きの子ども部屋も僕の遊び部屋。元気に走り回って遊び、家中が遊園地のようだと奥様。
もちろん、お片付けも上手にできます。

「冬でも日差しが部屋に入って暖かく、以前と比べてエアコンの設定温度が6度も下がりました!」
遊びに来たご両親も暖かさにびっくりしていたそう。
お子様も思わず「のびーっ」

以前は電気代を気にして、外出する際には必ずコンセントを抜いていたというF様。太陽光発電システムを搭載してからの節電対策は、洗濯機と食洗機のタイマー設定のみ。
ご家庭で必要なエネルギー量を太陽光発電等で賄う「ゼロ・エネルギー住宅」に、私たちは建物の気密・断熱性能を高めて、ちょっとお手伝い。
無理なく快適に過ごせておまけに貯金もできると、F様は喜んでいらっしゃいました。