いつもペットの顔が見えるリビングで、家族も笑顔です。 板野郡・O様邸


 平成25年8月にお引渡し。地域ブランド化推進事業にご参加いただきましたお宅です。ご主人様、奥様、お嬢様、そして犬のマーラの4人家族。
初めてお会いしてからお話が進むなかで、ご主人様のお仕事、お嬢様のこと、ペットのこと、これからどんな暮らしをしていくのか、ご夫婦の出会いから今までの歴史についても語ってくださいました。そういった話し合いを重ね共有のテーマができていきました。「家族とペットが集う空間にしたい」とはご家族一致のご要望。しかし、ご主人様は犬の毛とにおいが苦手。リビングとの関係や風の抜け、ペットルームを中心に話がふくらんでいきました。
 外観もご家族一致でモデルハウスを気に入ってくださり、Tsumugiを基にデザインや外壁材、バルコニー手摺りについて考えました。結果、独特の雰囲気を持ったデザインとなり、時々表で車を停めて見ている人がいると奥様が笑顔で話してくださいました。
< 戻る ↑ 一覧へ戻る 次へ >
  (1/25)  

こちらがリビングとの間に設けられたガラス窓です。「同じ部屋で犬といっしょに過ごしている感覚です」と奥様も大喜び。夏場は風が抜けて涼しいのでよくペットルームでマーラと過ごされたそうです。

大人3人が暮らすので、2階は自分の時間を充実させるプライベート空間です。
ご主人様のお部屋は、壁に趣味のギターが並ぶ大人の空間。椅子の前に譜面台が置いてあったので、
「ぜひ一曲聴かせてください」とお願いしたら照れていらっしゃいました。

お嬢様のお部屋は、自室兼ネイルサロン。
お仕事の延長でお友達を招いて施術しているそう。見せていただいたお嬢様のネイルも素晴らしかったです。
ちょっとやってもらいましたが、通いたくなる雰囲気でした。

今回は、あわわさんの「とくしまの家づくり」取材も一緒に。
現場担当した監督のことを「4Kを持っている」と誉めてくださいました。
その模様はぜひ紙面で。