[2014年9月 美馬市・S様邸 建物約40坪 土地約220坪 ゼロ・エネルギー住宅 長期優良住宅認定]
のどかな小道を抜けた先にありますこちらのお住まい。
角を曲がって真っ先に目を引くのが左右に突き出たバルコニーと陸屋根部分、そしてそれらをつなぐアーチ。
前後左右に高低差と広がりが生まれ、来る人を包み込むような安心感と重厚感のある外観となりました。
2色のナチュラルな外壁の張り分けも優しい温かみのある印象をつくり出し、チェリー色の玄関ドアが全体的を引き締め、良いアクセントになっています。
S様の人柄があふれ出たような温かくて優しい、そんなお住まいになりました。
玄関ホールは、この大きなおうちにぴったりの、天井までの靴収納にベンチ、お出掛けピットまで完備した広々空間です。
和室へ直結する障子がきれいですね。この障子はワーロンという和紙を塩化ビニール樹脂でラミネートした耐久性にすぐれた素材でできています。破れにくく拭き掃除もしていただけます。両側から組子で挟んでいるので、どちらも表になります。
こちらが和室側です。
落ち着いた色調のクロスに畳、フロアは床の間を意識して少し艶のあるものを選びました。
お客様をお通しするのにもぴったりな凛とした和室になりました。
こちらのリビングは、モデルハウス「cocomo」で好評を博したiroリビングをご採用です。
また、キッチンの背面壁にはマガジンラックとお子様たちが絵を描いて遊べるように壁をへこませた中にホーロー製のキッチンパネルを貼っています。
お子様の喜ぶ賑やかな声が聞こえてくるようですね。
なんと、水廻り部分にはアデイゾーン!
モデルハウスでご提案させていただいたことが盛り沢山の楽しいおうちになりました。
アデイゾーンは、一日に必要な衣類を一カ所にまとめて収納できて、身支度をする際も乾いた洗濯物を片付ける際もサッと済ませることができる家族皆が笑顔になれる工夫のひとつです。
こちらは家族みんなで眠る2階のめぐリビング。扉続きの隣の洋室から見ています。
普段は開けっ放しにして、必要に応じて2枚引込み戸で仕切ることができます。
右手のカウンターはお裁縫をされる奥様のスペースです。お母さんが作業していても隣で気配を感じられるので安心して子どもたちは眠ることができますね。
 

< 戻る ↑ 一覧へ戻る 次へ >
  (1/172)